Ecology Life
オレンジ

          
         私達の生活には電気があふれています。スイッチひとつで簡単につく電気。あまりにも当たり前になりすぎて
        電気がどうやって作られているか考えることなんてないのでは?でも知らないだけで、私達は電気を使うことによって
        環境に悪影響を与えているのです。その実情を知って、環境に負荷をかけないエコロジーライフを目指しましょう!


 

   たいよう 火力発電

        現在日本の電気の60%は火力発電所で作られています。
      火力発電所では電気を作るために、火を燃やしているわけですが火を燃やすことによって二酸化炭素が発生します。
      この二酸化炭素は温室効果ガスとも言われ、地球温暖化の原因です。つまり私達は電気を使うことによって、温暖化に寄与
      しているのです。
   



   議定書 京都議定書
        
        今年(2005年)京都議定書が発効されましたが、この京都議定書では日本は温室効果ガス排出量を2012年までに
       1990年度比で−6%削減することが義務づけられています。しかしすでに日本は1990年から排出量が7.6%増加して
       しまっているため2012年までに排出量を13.6%も削減しなくてはならないのです。

         現在家庭で消費される電力は、世帯数の増加や家電製品の普及に伴い、年々増加しています。その量は1990年
       から約3割も増加しています。運輸部門や産業部門などのいわゆる企業部門に比べても、かなりの増加率であると
       言えます。2012年までの排出量削減目標を達成するには、家庭部門からの排出量削減は欠かせません。
       また、削減目標を達成するためだけでなく、今世界各地で起こっている異常気象をこれ以上進行さないためにも
       温室効果ガスを削減することは大切なのです。

そこで!家庭でもできる、というよりぜひ行ってほしい簡単エコロジー生活を紹介しますあめ  



             @冷房の設定温度は28度!!
    act1

              夏なのにひざかけや、はおるものがないと寒くて耐えられない。こんな生活は人にも環境にもよくありません。
      会社や公共施設ではたくさんの人がいるため28度に設定するのは難しいかもしれません。でも家でなら簡単
      ですよね?外気温が35度を越えることもある夏に、冷房を25度などに設定していたら外との温度差がありすぎて
      体を壊しかねません。夏バテにもつながります。

                       このことによって・・・
                  
1年間の電気代節約金額は⇒ 約2000円

1世帯当たりの年間CO2排出削減量は⇒約31kg




       A蛇口はこまめにしめよう!!
           act2

                 歯磨き中やシャワー中、食器を洗っているときなど使っていないのに水を流しっぱなしにしていませんか?
       しかも水だけでなく、ガスや電気を使って温めたお湯も・・。水は送水する時や飲めるようにきれいにするために  
      たくさんの電気を使います。使わないときはこまめにしめる。それを当たり前にしていきましょう。
       お風呂の残り湯を洗濯に使うことは節水になるのでおすすめです。

                       このことによって・・・

1年間の電気代節約金額は⇒約4000円

1世帯当たりの年間CO2排出量削減は⇒ 約65s




             Bアイドリングをなくそう!!
          act3

                 無意識のうちにアイドリングをしていませんか?もちろんこの間にもCO2は排出されています。アイドリングを
      やめればCO2排出の削減だけでなくガソリン代の節約にもなります。また貴重な石油資源の消費を抑えることが
      できます。停車中はエンジンを切る。こんなにたくさん車のある時代だからこそ、みんなで実行できれば効果も抜群!
        窓を閉め切って冷房を使うより、窓を開けて風を感じながら走るのもおすすめですよ。冷房をかければそれだけ
      CO2の排出量も多くなります。

                        このことによって・・・
 
1年間の電気代節約金額は⇒約2000円

1世帯当たりの年間CO2排出量削減は⇒約39s



      Cエコ製品を選んで買おう!!
     act4
        
         家電製品を新しく買うときに注目してほしいのが、「省エネ性能」です。冷蔵庫やエアコン、テレビ、洗濯機など
       現在は様々な製品に「省エネ性能」が表示されているので参考にしてみて下さい。もちろん買うのは「省エネ性能」
       の高い製品を☆購入時の値段が少し高くても電気代が節約できれば、すぐに元をとることができます。
        また、再生紙を使用している製品や、詰め替え用のシャンプー・リンスなどを買うことも大切です。これからお買い物
       値段やデザインのことだけでなく、エコ製品かどうか。このことも考えてみて下さい。

                         このことによって・・・(冷蔵庫の場合)

1年間の電気代節約金額は⇒約1,1000円

1世帯当たりの年間CO2排出量削減は⇒約170s


       D過剰包装を断ろう!!
   act5

         1人が年間で使用する買い物袋は、なんと300枚にも上るそうです。この数を減らすためにも買い物に行く
        時は手提げ袋や、前に使った買い物袋を持っていきましょう。外出していて突然買い物に行くことになっても
        困らないようにいつも1枚は買い物袋を持っていることをおすすめします。また、小さい商品や自分のかばんに
        入る時はシールだけにしてもらいましょう。
         家に帰れば不用になる買い物袋(ビニール袋)は作る時にも、廃棄・再生する時にもCO2を排出します。
        これからは買い物のときには、マイバック持参を忘れずに。

                          このことによって・・・

1世帯当たりの年間CO2排出量削減は⇒ 約59s



      Eコンセントからこまめに抜こう!!
       act6

                       電化製品を使用していなくても、タイマーなどのために消費される電力のことを「待機電力」といいます。
         ビデオデッキ、オーディオコンポ、電子レンジ、テレビなどが代表的な例です。そしてこの「待機電力」は
         なんと家庭で消費される電力の約10%!知っていましたか?これは節約するしかありません。
          その対策としては、コンセントから抜くことです。面倒くさいと思うかもしれませんが、続けるうちに習慣に
         なってしまいます。スイッチつきコンセントというものもあり、スイッチを切るだけでコンセントを抜くのと同じ
         効果を得られるので、活用してみるといいと思います。

                           このことによって・・・

1年間の電気代節約金額は⇒約6000円

1世帯当たりの年間CO2排出削量は⇒約87s




 小さなことでもみんなでやれば大きな力に!今日からあなたもエコロジーライフを始めてみて下さい。


(電気代節約金額、CO2排出削減量の出展: 環境省 環のくらし)






      








広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー